シニアグラスの選び方|瞳だけでも雰囲気は変わる|激安で手に入るカラコンでイメチェン

瞳だけでも雰囲気は変わる|激安で手に入るカラコンでイメチェン

シニアグラスの選び方

お年寄り

近距離用レンズ

シニアグラスは老眼用のメガネですが、いわゆる「老眼鏡」と呼ばれるものには、近距離用のレンズが使われています。このレンズは、手元のものがハッキリと見えます。そのかわり、遠くのものを見ると焦点が合わず、ぼんやりします。「新聞の文字が読みにくくなった」などという場合に便利なメガネです。近距離用レンズのメガネにもいろんな種類があり、ワイドビジョンレンズのように通常の近距離用より広い視野で見ることのできるレンズもあります。メガネ屋の店頭で、いろいろかけてみてお試しになってください。ほかに、中近用レンズや遠近両用レンズがあります。中近用レンズは、近距離用よりもう少し広い視野のものを見ることができるメガネに使われています。

遠近両用レンズ

遠近両用レンズは、近くから遠くまで見ることのできるメガネに使われています。これは、レンズの見る位置によって見え方が違ってくるという画期的なメガネです。ただ、これひとつですむという便利さはありますが、使いこなせるようになるまでに、少し時間がかかるかもしれません。近くしか見る必要がない場合、あるいは遠くしか見る必要がない場合は、近距離用と遠距離用を使い分けた方がよいでしょう。遠近両用メガネは、近くや遠くの景色を見る必要のある外出の多い人や、車を運転する人などに向いています。昔の遠近両用レンズはかなり見えにくかったということですが、レンズの種類が増えています。どこでかけるのか、利用頻度の多さに合わせてレンズを選びましょう。